ビキニのワキからはみ出るVラインの無駄毛を自己処理する最適な方法

いよいよ夏本番、腕や足を露出が多くなりますね。特に水着を着るとなると、普段は自己処理していない部分なので戸惑ってしまいます。楽しい季節なのに面倒な季節でもあり。プールや海で思い切って遊べるように気になるVラインの自己処理ですが、デリケートゾーンなので、毛抜きで抜くのはお肌への負担が大きすぎると思います。(ワックス脱毛も同様)毛を根元から引き抜くのは埋没毛や黒ずみなどお肌トラブルのリスクが高くなります。

私はシェービング(カミソリで剃る)か除毛クリームで溶かす方法をおすすめしたいと思います。

シェービングで自己処理

728638

一番簡単に、安く、短時間で行えるのはやはりカミソリで剃るに勝る方法はありません。

ただし定番お手入れ法だからこそ、下準備でお肌への負担をいかに減らすことができるか差がつくんです。

カミソリはより刃数が多い方がいい

ドラッッグストアやホームセンターに行くと数多くのカミソリが並んでいますが、カミソリの刃数は多ければ多いほど一枚の刃にかかる力が分散されるので、お肌への負担が少なくなります。また肌を傷つけにくいガード付きならなお良いでしょう。また1、2回使ったらもったいなくても新しいものをおろしましょう。

剃る手順に気をつける

まず毛が長い時は剃る前にはさみや電気シェーバーで短くカットしましょう。剃りやすくもなりますし、カミソリを使う時間も短くなりお肌への負担軽減につながります。剃る場所はほとんどの方が行うであろうお風呂場がやはり一番。毛は濡れている方が柔らかくなって剃りやすく、温まった後の毛穴も広がっているので最適な状態です。もし他の場所で行う際は蒸しタオルで温めることで応用できます。剃る前は空剃りは絶対NG。石鹸やボディーソープを泡立てて使うのもよくありません。

肌を傷める原因になります。必ずシェービング剤を塗りましょう。またシェービングクリームは剃りやすい分、皮膚の脂までとってしまう点もあり、より良いとされているのはあのワセリンなんだそうです。

優しい剃り方と処理後お手入れ

下準備ができたら実際に剃っていきます。力を抜いてやさしく毛の生える方向に向かって剃ります。刃を肌に押し付けたり、逆剃りは肌を傷つけるので気をつけましょう。剃り終わったらきれいに流し、タオルでやさしく水気を拭き取ります。その後は乾燥しないようにお手持ちの化粧水や保湿クリーム、ワセリンなどでしっかり保湿しましょう。

除毛クリームで自己処理

ƒvƒŠƒ“ƒg

シェービングよりお肌に負担をかけずに済むのは、毛を溶かして処理する除毛クリームによる自己処理です。お肌が弱い方でなければおすすめしたい方法です。生えてくる毛の先端はチクチクしませんし、埋没毛や黒ずみなどのお肌トラブルを避けられ、お肌にやさしいんです。

ただし各メーカーの除毛クリームによって異なりますが、毛を溶かすまで一定の時間がかかってしまいます。また案外気になるのがその臭い。アルカリ性の薬剤を使って毛を溶かすため独特の臭いがお風呂場に漂います。換気にも気を付けながら上手に使いましょう。